にし恋ブログ

 にしき恋は兵庫県丹波篠山市・西紀南地区という場所で、農業ボランティアを中心に地域活性化のため、幅広い活動を行なっています! 私たちのサークルのことや地域の魅力を発信していこうと思います!

2019年12月28日(土) 活動報告

2019年12月28日(土) くもり時々晴れ

はいどうも!農学部1回生のきゅーです。久方ぶりの活動報告をします。少しの間お付き合いいただければ幸いです。

今日は4回生のなっこさん、みなつさん、3回生のりょうこさん、みっきーさん、同じ1回生のさきちゃんの計6人で二郎さんのところにお邪魔させていただきました。6人という大人数はそうそうないので人の多さにびくつきながら作業開始です。

今日の作業はこちら
1.黒豆の株を刈る
2.刈った株を畝にたてる

この作業をひたすら繰り返します。

最初の畑は雑草が我が物顔で伸びていて黒豆を見つけ出すのも一苦労。おまけにその雑草がひっつき虫なものだから身体中が痛いのなんの。
とはいえ、そんなことにへこたれるような人などここにはいません。皆かかんに草の中へ分け入っていきます。

f:id:nishikikoi-sasayama:20200106135312j:plain

茎を切るときに使うのは大きなハサミです。ハサミといっても一般的に思い浮かべる形とは少し異なります。ペンチを大型化し、先を刃にしたようなものです。切るときは力が必要で思うようにできずもたついていると、ハサミを足でぐっと押すとやりやすいよ、と教えていただきました。
刈り終えたら次の作業にうつります。まず、2つの株を持ち、はたいて葉を落とします。その後、枝の先端が下になるように畝の上に立てていきます。2ステップ!簡単!ただこの作業、なかなか終わりが見えず動作も小さいので温まらない…。寒さに弱い私は切る作業の方が好きでした。

 

f:id:nishikikoi-sasayama:20200106135344j:plain

さて、ひとつの畑を終えたら次の畑に移動します。次の畑は雑草こそ少ないものの畝間に水が。作業は変わらないのでつまることはないのですが、畝間に足を入れると長靴越しに冷気がやってきてじわじわと体温を奪われます。

寒さに震えながら作業すること1時間、お待ちかねの昼食です。

 

本日のメニューはこちら!

 

f:id:nishikikoi-sasayama:20200106134958j:plain

きつねうどん、カツ丼、温泉たまご、お新香です。
見ていただけるとわかるのですが、きつねうどん定食でもカツ丼定食でもありません。単品のきつねうどんとカツ丼なんです。こんなに豪華なことがあるのかと幸せを噛み締めながら食べました。お腹いっぱいです。ごちそうさまでした!

ご飯を食べたら畑に戻って作業再開。午前と変わらぬ作業内容ですが、ここで新道具の登場です!

f:id:nishikikoi-sasayama:20200106135135j:plain


先に述べた通り、切るときにはとても力が必要となります。この道具はその力のいる作業がスイッチひとつでできてしまうという優れものでした。
実はこれ、午前中に先輩方が使っていたのですが機械が苦手な私はずっと避けてたんです。しかし使ってみるとその便利さにびっくり。機械のありがたみを感じます…!

そうそう、休憩時間に虹が出たんです!

 

f:id:nishikikoi-sasayama:20200106135045j:plain

晴れているにも関わらず少し雨が降るような日には虹が出るんだそう。冬はそういった日が多いらしく、虹をみるには格好の場所ですね。

それではここらでお暇します。お付き合いくださりありがとうございました。

2019年11月4日(月)活動報告

11/4 (月) またまたふたりで

お久しぶりです
一回生のそうちゃんです

今回の活動報告なんですが、担当だったのを完全に忘れていたので、写真が全くありません。見にくくなってしまって申し訳ないですm(_ _"m)

ちょっと寄り道して朝の話から…

篠山の朝は10月でも寒かったのですが、11月になってからはさらに寒くなりました。僕はいつもエアーマットの上に、寝袋二重で寝てるのですが、それでも目が覚めるくらい寒かったです。
これだけ寒暖差があったら、黒豆はきっと甘く美味しくなるでしょう黒豆の季節が待ち遠しいですね!

さて、今回の農ボラですが、安西先生と本田さんのところへ行ってきました

安西先生の記事はこちら↓
(ここに6/22の活動報告のURLをお願いします)

主な作業内容は2つ
・落花生収穫体験のお手伝い
・杭の泥落とし

まずは収穫体験のお手伝いから

本田さんのところでは、いろいろな農作物の販売のほかに、黒枝豆、さつまいも、落花生の収穫体験をやっていました。

お手伝いの内容は、お客さんを落花生の畑に案内して、収穫のお手伝いをして、泥まみれの落花生を洗うというものでした。

収穫体験には子ども連れの家族が多くいて、普段なかなかしないことなので、非常に面白そうに興味深そうにしていました。

落花生を洗う機械はミキサーみたいな構造をしていて、5分で綺麗に洗えてしまいます。

杭の泥落としは収穫体験のお手伝いの合間にやっていました。流石に昼でも寒いので、水を使うと手が痛かったです。
(半分以上先生にやってもらってごめんね)

最後にお土産に黒枝豆をいただいて今回の農ボラは終わりです。

PS

題名に「またまたふたりで」とありますが、実は2つの意味があるのです。

僕と先生は一回生の中でも1,2を争うくらいで来ていて、一回生同士なのに2人農ボラを既に4回やっています。
もう話す内容がなくなってきました。

これが1つ目の「またまたふたりで」です。

それと、活動報告を書くのはこれで2回目なのですが、前回書いたときも今回も、農ボラが全体で2人しかいませんでした

これが2つ目に「またまたふたりで」です。

以上で活動報告を終わります。

「学生は変わってしまった」…そんなことは言わせたくない!-元幹部、卒業前の願い

今回の活動報告の担当となりました、4回生のなっここと宮本菜津子です!

農学部応用動物学コースに属しており、普段は動物の生殖に関する研究をしています。

 

1/26(日)晴れ☀


朝のほっさろ前、博一さんの第一声。
「山に登りたいか?」


はい、即決です。本日のメニューは山登り。

 

冬は農家さんにとって1年の中でゆったりした時期。
なので冬の農ボラって実は農業しないこともあるんです。
倉庫整理をやったこともあるし、もういなくなった烏骨鶏の檻を片付けたこともあるし、更衣室を作ったこともあったなぁ…

と、いうことで今回は博一さんのお宅へごんごんとそうちゃんと3人でお邪魔しました。
私にとっては2年ちょっとぶりでした。


毎年この時期の篠山は体の芯から凍える寒さ!なのですが…なんて暖かいんでしょう。
雪もなくお天気にも恵まれました。

とりあえず昼までは使い終わったマイカー線をぐるぐるまとめ、午後からいよいよ山に登ります。

f:id:nishikikoi-sasayama:20200131135457j:plain

イカー線の回収


そもそもなんで山登りかというとその山は現在放送中の大河ドラマ"麒麟がくる"に纏わる山だそうで、明智光秀がなんやらというかんじだそうな。
残念ながら歴史の知識がさっぱりな私です。
博一さんが嬉しそうに歴史を語る姿をニコニコ見るしかできませんでした。

f:id:nishikikoi-sasayama:20200131135526j:plain


3週連続3度目の登山なのに嬉しそうにシャッターを切っていく博一さん。
楽しめたようで良かったです( ¨̮ )

f:id:nishikikoi-sasayama:20200131135542j:plain

f:id:nishikikoi-sasayama:20200131135533j:plain

 

*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――*☼*

 


さて篠山に足を運ぶようになり、4年が経とうとしています。
月日が経つのは早いもので…焦がれていた大学生活も残すところ2ヶ月となりました。


知らない方々も多いかもしれませんが、実は2回生のとき幹部をやっていたんです。
ポンコツ人間なもので、たくさんの人に迷惑をかけてしまいましたが…苦笑
そのときに150人の上に立つ存在としてたくさんたくさん考えたんです。


"みんなは何を目的に篠山へ行くのか?"


授業でお世話になった農家さんへの感謝から始まったこのサークル。
私は初代の先輩たちから当時の話をたくさんたくさん聞きました。
楽しかったことから辛かったことまで。
初代の先輩たちにとっては農家さんが第一であり、農ボラがすべてだと、そんな精神を受け継ぎました。

 

サークルってやりたいことがある程度重なっている、価値観が似通っている人の集団であることは確かなんです。
でも初代と後輩の意識には差が出てくるのは必然です。
やりたいことをやれば良い、そう思います。
*1
*2
否定はしません。
私にもそんな時期はあったから。


でも私はみんなに"もっと農家さんと絡んで欲しい"と思います。


だって篠山にいるのはにし恋メンバーではなく農家さんなのだから。
実は学生同士で固まるなんて六甲でもできるんですよ?
往復2000円弱かけて行っているのに友達としか思い出作ってないとか勿体なさすぎませんか??

 

私の"篠山へ行く目的"は"農家さんの笑顔を見ること"です。
農ボラで休憩時間に談笑する、作業が終わってから「学生さんのおかげですごく作業が進んだ!ありがとう!!」って言ってくれる。
その笑顔のために一生懸命作業をするし、繁忙期の10月はできるだけ毎週行くようにしています。
私にとって農家さんの笑顔は最高の原動力なんです。

何を話したらいいかわからないという人も多いと思います。


でも農家さんって話してみると案外楽しいんです。
通っていた農業高校の話とか、農業始める前に務めていた会社の話とか、趣味でたくさん海外旅行をした話とか…
「今日はどんな作業をするんですか?」
「今年の天候とかってどうなんですか?」
「農業する前は何をしていたんですか?」
「好きな食べ物は何ですか?」
なんでもいいんです。
きっとマッチングアプリで初めて会った人と話すよりずっと簡単ですよ!

 

私は農家さんが大好きだから、みんなにももっとぐいぐい話してほしいなって思います。
農家さんもそれが楽しみって言ってくれているんだから!
それが、今の私の願いです。

 

長くなりました、ごめんなさい。
大学生活終わると言っていますが、4月から大学院生活が始まるのでまだまだ農ボラには参加しますよ(^^)

f:id:nishikikoi-sasayama:20200131135508j:plain

二人のお誕生日会

これからもよろしくお願いします!
最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

(編集うっちー)

*1:P活動を一生懸命やる!

*2:仲が良い友達と楽しい時間を過ごす!

今年はそこまで寒くない?

1月18日土曜日の活動報告 のりぽん

どうも!1年ぶりに活動報告します経済学部2回生の則本です!2ヶ月に1回行くぐらいなので知らない人も多いと思いますがよろしくお願いします🤲

f:id:nishikikoi-sasayama:20200124110345j:plain

 

今回僕は2回生のもちこと一緒に二郎さんの所に行って来ました。3ヶ月ぶりにお邪魔したので、名前は忘れられてました😭

ですが僕が岡山出身だということは覚えられてて逆にびっくりしました笑

さて今回は刈り取られてある黒豆の株を重ねて紐で束にする作業でした。1年ぶりにする作業なので二郎さんの結び方をしっかり見てもうまくできず……

f:id:nishikikoi-sasayama:20200107143114j:plain

作業内容は前回のブログで見れます。

 

nishikikoi-sasayama.hatenablog.com

 



二郎さんにも「みんな賢いはずなのにどうして」って言われちゃいました😅
不器用なもんで、どうかお許しを。

 

でも慣れてくると結ぶのが意外に楽しくなってくるんですよね。きれいに結べたときはなんか嬉しいですし、農作業が上達していくこの感じが僕は好きです。

f:id:nishikikoi-sasayama:20200124110327j:plain

f:id:nishikikoi-sasayama:20200124110336j:plain

見にくいですが、塊になってるのが結んだ黒豆の束です!

終わると結構達成感あります。

 

 

お腹も空いた所で昼食です。
今回はシチューハンバーグ(でいいのかな?)でした!!とても美味しかったので春休み自炊で挑戦してみようかなと思います〜

f:id:nishikikoi-sasayama:20200124110313j:plain



食べ終わった後にほおづえついてると急に写真撮られました。なぜだ、もちこよ…

f:id:nishikikoi-sasayama:20200124110401j:plain

昼食後も引き続き同じ作業をしました。疲れはしましたが、目標としていた分の広さを完了できましたし、達成感のある光景でした😌

帰った後はコーヒータイム☕️
洋菓子やチョコをいただきました。冷えてくる夕方にあったかいコーヒーがこれまた体に染みるんですよ。二郎さん、ありがとうございました😊

 

今年度初めて冬のにし恋に来ましたが、思ったより寒くないなという印象でした。風はひんやりしつつも作業をしている間はむしろ少し熱かったです。二郎さんいわく雪もまだまだ降ってないとのことでした。やっぱり今年は暖冬なんでしょうか?
とはいえ寒いことに変わりはありませんので、風邪などの病気には皆さんお気をつけくださいね。この冬も乗り切っていきましょう٩( 'ω' )و

先週もお疲れ様でした!読んでいただきありがとうございました!

大学生が小学生たちと本気で遊ぶ冬のある日

1月11日土曜日☀️

こんにちは!農学部応動一回生の吉田早紀です

 

この日は小学校交流(小学生交流プロジェクト)があり、私も参加してきました!小学校交流に参加するのは夏以来の2回目で、元気いっぱいの小学生に会うのを楽しみにしていました

朝、小学生とドキドキの対面!!小学生は朝からとっても元気で、大学生を追いかけてほっさろ中を走り回っていました🏃小学生の元気の良さに私は若干圧倒されていました、、、

 

 

まず自己紹介をしました!その時私と同じさきちゃんという子がいて驚きました。その後皆で凧作りをしました🐙凧作りは画用紙に絵をかき、切って紐をつけたら完成です!これだけのことなのですが、凧作りで子供たちの性格がとてもよく分かりました。一人もくもくと作業する子、大学生にたくさん話しかけながらする子、作業を後回しにして走り回って遊びだす子など色々な子がいるんだな~と思いました

皆作り終わったので、それぞれの凧を持って小学校の運動場に行きました。紐を持って走ると凧がくるくると回っていました✨私は小学生と一緒にドッチビーをしました!とても久しぶりにしたので楽しかったです。小学生の子たちは夢中になっているように見えて、実はまだ投げれていない子にフリスビーを回してあげたりしていて、気配りが凄いなぁと思いました。小学生の大人な一面も見れました

 

f:id:nishikikoi-sasayama:20200124110257j:plain

小学生の女の子たちは、私たち大学生の恋愛事情に興味津々なようで"彼氏はいるの?"とか、"この中なら誰が一番好き?"とかたくさん質問してきました😅もうそんなことに興味があるなんてとても大人だな~と思いました。私がその子たちくらいの年だったころは、まだ全然興味がなかった気がします

ほっさろに戻って、待ちに待ったお昼ご飯の時間です!!皆でお餅つきをしました。

f:id:nishikikoi-sasayama:20200128232256j:plain

f:id:nishikikoi-sasayama:20200124110240j:plain


そしてお雑煮やきな粉餅、かやくご飯のおにぎりなどをいっぱい食べました😋とてもとても美味しかったです。

ご飯を食べた後は、かるた作りをしました。かるたの文章と絵をかくのですが、みんな私には思い付かないような個性的な文章をかいていて、読むのがとても面白かったです!

f:id:nishikikoi-sasayama:20200128232216j:plain

f:id:nishikikoi-sasayama:20200128232220j:plain

f:id:nishikikoi-sasayama:20200128232231j:plain

私と同じ名前の小学生のさきちゃんが、"さきちゃんが二人いる絵"というかるたを作っていて、絵札には私とさきちゃんの似顔絵をかいてくれていて、面白かったしとても嬉しかったです😊

 

f:id:nishikikoi-sasayama:20200124110227j:plain

またメンコも折り紙で作ってメンコ遊びもしました。私は初めてメンコをしたのですが、全く裏返すことができませんでした。実はメンコを全力でやり過ぎて、次の日腕が筋肉痛になりました💦

最後に大学生の何人かが鬼になって豆まきをしました👹小学生はみんな本気で豆まきしてくれて、とてもたくさんあった豆でしたが、すぐになくなりました。無くなってからも落ちている豆を拾って全力で豆を投げつけていました。私は鬼の人たち痛そうやなぁと思いながら見ていました

もう若くない私には、小学生交流は体力的にキツイところもあるけれど、やっぱり小学生の可愛さにとっても癒されました👼小学生の元気の良さについていけないと思ったりもしたけど、後から振り替えると元気をもらえたなぁと感じた小学生交流でした!小学生のかるた作りのセンスとか大人な一面とかも見れて楽しかったです。私はやっぱり小さい子が大好きなので、また次の小学生交流にも早く参加したいです

最後まで読んで下さってありがとうございました🙇

f:id:nishikikoi-sasayama:20200128232214j:plain

人気者トミー

f:id:nishikikoi-sasayama:20200124110248j:plain

 

(編集しゅーと)

 

丹波たぶち農場における活動の報告 報告者:ちゃんたま

 

 

報告者   ちゃんたま*1

共同活動者 ともきさん
      とみーさん
      じーこ
      安西先生
      きたしょー
      そうちゃん
      でぐりん
      よしひろくん
      りょうくん

活動日時
  2020年1月12日(日)


活動


 午前
   共同活動者の9人と共に車に乗り、丹波たぶち農場へ向かった。*2
  安西先生、きたしょー、でぐりん、よしひろくん、りょうくんと共に

  黒豆の枝を集め、葉を落として立てる作業を行った。*3
  作業の様子を図1に示した。途中で1回の休憩を取った。

f:id:nishikikoi-sasayama:20200119115740j:plain

図1 黒豆枝を集め、立てる作業の様子

 
   休憩室にて全員でお弁当をいただいた。その際の様子を図2に示した。*4

f:id:nishikikoi-sasayama:20200119115658j:plain

図2 食事の際の様子

 午後
   黒豆の枝を集め、葉を落として立てる作業を行った。*5
  途中で1回の休憩を取った。休憩中の様子を図3に示した。

f:id:nishikikoi-sasayama:20200119115620j:plain

図3 休憩中の様子

考察

(以下、口語により述べる。)


 *1
 こんにちは、お久しぶりです。2回生のたまちゃん改めちゃんたまです。某玉井くんとのたまくんたまちゃん問題の深刻化により改名を余儀なくされました。が、後輩から「ちゃんたまさん」と呼ばれるのが結構ツボです。悪くないです。
 とっても久しぶりに活動報告を書かせてもらえることになったので、今回はマイブーム()の実験レポート風に書いてみました。あれ、そういえば私、くる日もくる日も実験レポートばかり書いているせいか絵文字を全く使わなくなってしまっていますね。今気が付きました。味気ないのでここからは絵文字をふんだんに使っていこうと思います🌈🤸‍♂

 

 *2
 月1農ボラを目処に篠活(注:篠山における活動のこと。私ちゃんたまによる造語です。流行りそうな予感しかないので出どころをはっきりさせておきます。私が考えた言葉です。)を楽しんでいる私です⛵️今回はお久しぶりのたぶち農場🏃‍♂鈍った身体に鞭を打つチャンスです📛お馴染みのワゴンで輸送され、私たち10人はシベリア…ではなく農場へと向かいました💚

 

 *3
 そうちゃん「(私たちを指して)じゃあチーム1年生がんばって〜」
 あれ?「(私)」

 

 *4
 見てくださいこの写真。何も言わずに撮ったんですけど、こんなに自然に溢れ出る笑顔ってあります?農ボラ中のごはんって偉大ですね。ちなみにこのとき私とでぐりんは「(あ!?のり弁めちゃ豪華やないの…のり弁にすればよかった…)」とか概ねそんなことを考えていました。

 

 *5
 この日の作業はずっとこれでした。黒豆の枝を集め、葉を落とし、立てる。本当にそれ以外していないので作業について特筆することはありません。
 この現代アートみたいな写真はそうちゃんが撮ってくれました。結構お気に入りです。あ、絵文字忘れてました。まとめて貼っときますね🐠🌷🍣⛳️🏝🔮🧸🧡

 ではご機嫌よう。

 

 

 

~編集後記~

 アップするの遅くなってごめんなさい…。

 ちゃんたまの様に、レポートが忙しくても、自分の好きなペースで篠山に通える。

 にしき恋の自由な雰囲気が伝わる、とってもユニークな活動報告でした。

 ちゃんたま、書いてくれてありがとう!

 

 (はんきゅうと)

2020年も 西紀に恋してみんな来い!

あけましておめでとうございます!

にしき恋です!

 

今年もどうぞ

2020年になりました。今年も変わらずにしき恋は楽しく活動していきたいと思います!

今年もどうぞよろしくおねがいします!

 

f:id:nishikikoi-sasayama:20200107143725j:plain

にしき恋は年始から普段と変わらず農業ボランティア活動を行っています! 

 

2020年1月4日、5日。いつものように篠山にメンバーがやってきます。

 改めましてなんですが、にしき恋は毎週土曜日と日曜日に丹波篠山西紀南地区で農業ボランティア活動をしています。

農業ボランティアはサークルが結成されてからずっと変わらない活動です。

 

基本的には自由参加なので時には参加人数が少ない時もありますが、それでも毎週だれかは必ず篠山にやってきます。先輩方に始まり、にしき恋が築いてきた地域の方との信頼関係はこうした毎週の活動が基礎となっています。

今年もたくさんのメンバーが篠山を訪れるでしょう😊

 

さてさてお正月明けということもあり、今週はメンバーも少なめです。

あけましておめでとうと顔をあわせそれぞれの年末年始の話をしながら篠山へ向かいました。

 

毎週お世話になっているまちづくり協議会の透さんとも新年初顔合わせ。

今年もよろしくお願いします!!

 

2020初農ボラ

あたりを見渡しても流石に年始から活動している農家さんは少なかったです。今回は黒豆作業が残っている二郎さんのお家にお邪魔しました!

 

畑に残っているハサミできった黒豆を紐で括る作業です。

 

f:id:nishikikoi-sasayama:20200107142015j:plain

それから黒豆たちを倉庫に入れて乾燥させるのです。

 

f:id:nishikikoi-sasayama:20200107142029j:plain

やり方を教えてもらい、いざチャレンジ!

言葉で説明するのは難しいのですが、とにかく

・束が緩まないこと

・すぐに解けるようにする

ことがポイントです✌️

 

f:id:nishikikoi-sasayama:20200107143114j:plain

最初は紐の塊で練習してから、畑にいきいざ実戦!

 

午前中はすごく時間がかかりましたが(2時間で1畝分の黒豆を紐で括る)

午後からはコツを掴み、スピードが出てきました。1.5倍くらいの速さでできたのではないでしょうか。

 

作業のモチベーションを高める

作業の生産性をあげるためには何か数字で測る物差しがあれば良いと思います。

 

今回の作業で言うと、(4人で作業しました)

①午前中は2時間で1畝くくれた (測定)

ここが大事!何分でどれだけできたかを数字でわかること!

②じゃあ午後からは4人でこれだけできそう (予測)

③でも慣れてきたからもう少し早く作業できそう!(目標再設定&やる気UP)

→じゃああと2時間で(4人で6畝)全部の黒豆を結ぶぞ! 

④作業完了 (目標達成&再び測定→予測、、、、と繰り返す)

 

f:id:nishikikoi-sasayama:20200107142133j:plain

みたいな感じで作業のモチベーションを高めていました。

4人で作業したのもよかったです!僕は周りより結ぶのが遅かったので、何とか食らいつこうと頑張りました。そうすると集中力も上がったように感じます。

 

f:id:nishikikoi-sasayama:20200107142253j:plain

(振り返ってみるとこのように表すことができますがもちろん作業中はこんなこと考えてません笑笑)

 

これは後から聞いた話ですが、二郎さんからよく結べていた(きつく縛れていた)と褒めていたようです。技術的には到底及ばないし、紐で結ぶ作業1つだとしてもそう言ってもらえるのは嬉しいですね😊

みんなでよく頑張りました!

 

そして毎回恒例次郎さん家のご飯!久しぶりに食べることができて幸せでした😂いつもありがとうございます!!

今日は胡麻鍋!あったまる〜

 

f:id:nishikikoi-sasayama:20200107142010j:plain

f:id:nishikikoi-sasayama:20200107142222j:plain

農家さんのお話はとても興味深い!

作業後はお菓子タイムです!奥さん、二郎さんを含めてみんなでお喋りをします!

f:id:nishikikoi-sasayama:20200107143710j:plain

最近はこの時間に黒枝豆や黒豆の作業について疑問に思ったことを質問することが多いです!

 

同じ西紀南ですが各農家さんごとに考え方や作業方法が違って、話を聞けば聞くほど面白いですね!!

 

ちなみに今気になっていることは黒枝豆の歴史です。

実は黒枝豆の歴史は浅く(黒豆は昔から有名)生産出荷され始めたのは30年ほどらしいです。

今では地域の名物ですが意外にもその歴史は浅くどのようにして黒枝豆の大生産地になったのかが気になりますね!

 

これから農家さんにたくさん話を聞いたり、書物を検索するなどして詳しくなります!その時はぜひご報告を笑

 

長くなりましたが、以上で2020年最初のにし恋ブログとさせていただきます!

 

(しゅーと)