にし恋ブログ

 にしき恋は兵庫県丹波篠山市・西紀南地区という場所で、農業ボランティアを中心に地域活性化のため、幅広い活動を行なっています! 私たちのサークルのことや地域の魅力を発信していこうと思います!

2019年度ありがとうございました!!

みなさんこんにちは。

にしき恋7代目代表を務めさせていただいた、神戸大学2年田口友理香です。今年度最後の活動報告を担当させていただきます。
コロナの影響でにしき恋は3月初旬から活動を自粛しています。今から1ヶ月も前の活動が、図らずも今年度最後の活動となってしまいました。


この日は、1年生のこにーと一緒に二郎さんのところに行きました。

黒豆の収穫選別が終わったこの時期は、約1年間作業し続けた農家さんが息をつけるわずかな期間です。

ですが、作業のあるなしにかかわらず、農ボラをしたい学生がいる限り農ボラを受け入れてくださる農家さんが西紀南にはたくさんいます。二郎さんもその一人です。

今回は二郎さんの元で、黒豆を使った豆腐づくりをしました。

私は前々から自家製豆腐に興味があり、そのことを二郎さんに以前話していました。二郎さんがこのことを覚えていてこの日豆腐づくりを体験させてくれたと知り、とても嬉しかったです。

にしき恋は、地域と学生団体をつなげる場である以上に、地域の方一人一人と、学生一人一人の繋がりが無数にある場だとつくづく感じます。これもまたにしき恋の大きな魅力ではないでしょうか。


初めての豆腐づくり。みんなで会話を楽しみながら半日かけてゆっくり豆腐を作りました。

気になるお味は...

今までに食べたことのないほど濃厚な黒豆の甘みが口いっぱいに広がる、とっても美味しいものでした。

また、二郎さんの奥さん、恵さん手作りの黒豆の豆乳を使った黒豆プリンも絶品でした。最後の1時間は、この時期恒例のたい焼きづくり。
この日は、二郎さん夫婦と、こにーたんと始終お話できるとっても楽しい農ボラでした。

 

さて、この1年間毎週末篠山に行くことがルーティンになっていた私にとって、1ヶ月も篠山に行けないのは寂しいです。

篠山の桜並木は満開ですか?

農家さんたちはもう畑作りを始めていると思います。

溝切りもしているのでしょうか?骨の折れる作業ですよね?

私も早くお手伝いに行きたいです。西紀南のみなさんとたくさんお話ししたいです。

でも今は我慢。

早く春が来ることを祈っています。

 

最後になりましたが、1年間代表を務めさせていただきありがとうございました。

私のこの1年間はにしき恋の思い出でいっぱいです。

にしき恋でかけがえのないたくさんの経験ができ、誇りに思える成果を上げることができました。

これら全て、そばで支えてくれた7期幹部、温かく見守り助けてくれた先輩方、いろいろな場面でたくさん考えて動いてくれた後輩たち、今でもにしき恋のことを気にかけてくれているOBOGの方々、そして、いつでも西紀南で歓迎してくれる透さんをはじめとする地域の方々、みんながいたからです。

本当にありがとうございました。

 

さて、新年度のスタートです。

2020年度は瞳華ちゃんをはじめとする8期生がにしき恋を引っ張ってくれます。

熱意に溢れる8期幹部が率いるにしき恋。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

f:id:nishikikoi-sasayama:20200331232157j:plain